私の島暮らし

やっと天中殺が明けた。
一番近い海


中森じゅあんさんの「鬼谷算命学」の天中殺の2年間が明け、それ続く天中殺の月が明けてやっとこさ晴れ晴れな気分。昨日までの春の嵐が過ぎ、島はいい天気。種まき用の砂を取りに近所のミナタ海岸まで。ね!きれいな海でしょう。昔はもっと天国のようにまるで神様がそこにいるかのようだった。今から50年前、初めて島のこの海を見て子供ながら畏敬の念を抱かずにはいられなかった。そして原発事故で汚染されている海を自分の痛みとして毎日案じています。

今日原発の再稼働を反対していて活動をされている方のメールから抜粋させていただものをみなさんにお知らせしますね。
原発事故が終息されていない中、政府と東電、原子力推進の関係者は再稼働をなぜかあきらめていないようですね。福島の原発事故は地震国日本には原発は国と国民を滅ぼしかねない物だと神様からの警告です。

原発近くの地元などのすべての自治体が参考にしてほしい内容です。ぜひ広めてほしい。野田総理や原発推進派の政治家の方々やその関係者のハートに届いてこれからの指針にしてほしいです。
この意見書は国民がみんな思っていることですよね。ではこれです。

京都府京田辺市議会が国に対して送られた意見書

大飯原発3・4号機の再稼動について慎重な対応を求める意見書
東京電力福島第一原子力発電所で炉心溶融が起こり、放射性物質が広く拡散し、土壌、農作物などあ
らゆるものが放射能汚染を受けた。多くの住民や原発作業員が被曝し、人々が避難を余儀なくされ今な
お帰還が困難な状況にある。事故はいまだ収束に程遠く、事故原因究明と解明は行われていない。
そのようなもと、原子力安全・保安院は、大飯原発3・4号機のストレステスト一次評価を妥当とす
る審査書を原子力安全委員会へ提出した。
ストレステストは、どの程度の地震や津波に耐えられるかという机上の計算でしかなく、安全性の保
証にはならない。枝野経産相も「ストレステストをやったから安全性が確認されているわけではない」
と述べ、ストレステストが安全の根拠にならないことを認め、原子力安全委員長も「安全評価としては
不十分で二次評価までやっていただきたい」と述べている。
史上最悪で深刻な原子力災害となっているにもかかわらず拙速な再稼動をすることは、多くの犠牲者、 ふるさとに帰還できずにいる多くの被災者への冒涜と言わざるをえない。
原発事故の原因の真相究明が終わらなければ、当然、新たな原発事故を防ぐための改善策や解決策が
見いだせず、3月11日以前と同じ法律、同じ組織、同じ基準で原発の安全性を確認し再稼動を判断す
ることは、到底国民の納得は得られない。
本市は大飯原発から約80キロの位置にあるが、福島第一原発事故と同等の事故が発生した場合には
重大な被害が発生することが予想され、市民の不安は強いものがある。
よって、政府においては、停止中の原発の運転再開を拙速に進めず、下記の事項について実現するよ
う強く要望する。

1 再稼動に係る審議は、福島第一原発事故の原因と実態が徹底的に解明され、その科学的知見を反映
した新たな安全基準が示されたうえで、慎重に行うこと。
2 原子力発電所周辺における複数の活断層との連動による地震の可能性について科学的根拠に基づ
く徹底的な調査を行うこと。
3 地震・津波や高経年化、故障、運転ミスなどによる「全電源喪失」「重大事故」について、具体的
な対策を講じるとともに、国民に公表し、十分な理解を得ること。
4 新たに設置が予定されている緊急防護区域(UPZ)内の住民の具体的な避難対策、救援対策を確
立すると共に、近隣府県・市町村への情報伝達・情報開示を徹底すること。
5 福島第一原子力発電所の事故に対する原子力安全・保安院と原子力委員会の対応について徹底した
検証をおこない、国民と国土を原子力災害から守る組織に改組し、十分な機能と権限を付与するこ
と。
6 原発依存から脱却し、電力の安定供給を図りつつ、需給システムの効率化等が図られるよう発送電
を分離するとともに、再生可能エネルギーの開発、利用拡大を最大限に加速させること。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
平成24年3月29日
京都府京田辺市議会
【提出先】衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣
| 島暮らし | 17:12 | - | - |
B&G海洋センター
B&G海洋センター


いつのまにか島の空気も秋の気配。こうして夏の終わりを迎えようとしている。
忙しくてタイミングもあわないこともありなかなか海遊びが出来ていない。
今日こそと与論町が運営しているB&G海洋センターに行く。

何だ!月曜日は休みではないか。ガーン!

ライフジャケットが貸りられないのであきらめるしかなかった。
インターネットで注文したのはまだ届いていないし。
安かったシュノーケルも選び方がわからなかったので失敗。
来年こそ快適な海遊びの道具を揃えて遊びたい。

この3日後やっと今年3回目の海遊びが出来た。
波が穏やかで浅いところでも美しい小さな魚が優雅に泳いでいた。
長年泳げなかった海は眺めるしかなかったけど、ここでは初心者でも
安心して海遊びが出来る。海の中に体を預ける、泳いでみることは、
芯から安らぎ固かった何かが溶けるようになること。
島に暮らすようになってからの新しい体験の始まり。
| 島暮らし | 05:08 | - | - |
今日は大潮です。
百合ヶ浜の思い出

お久しぶりです。今日は大潮なので百合ケ浜に行っていました。忙しくて海遊びもままならない日々。なので夏ならではのこともあんまり出来ていない。八月の終わりなのにやっと夏時間を楽しみたくてやってきました。グラスボートに乗って,台風の残る風で波が荒くて心配だったけど大丈夫でした。海の真ん中に白い砂浜ができて周りは海がぐるりと囲んでいます。

海の中を歩いて


グラスボートが今日は浜近くに付けないので,ほんの少しだけ海の中を歩きます。大きめのカメラ持参の私は転ばないようにヒヤヒヤ。今日は浜の大きさはいつもより小さいです。

百合ヶ浜1


星の砂を探して集めると幸せが増えるんですって。
星砂を探して

50年くらい前(昔過ぎるけど)初めて来たとき、いとこが伊勢エビの薫製と島のお芋にスミイカの塩辛をお弁当に持ってきてくれて、それが本当においしかった。海の囲まれて食べながらここは天国かと思いました。次の大潮は9月11日から14日になります。
| 島暮らし | 19:30 | - | - |
与論島に世界的なオペラがやってくる
オペラ

今年の7月に与論でスロバキア国立オペラの公演があります。そして何と入場料は1000円格安です。私が聞きに行った海外のオペラ公演の入場料は高いので2万5千円から一万円はしたと思います。この値段はありえません。島のかたはもちろん島外のかた、そしてオペラ愛好家飲みなさん!この機会に与論で本場のオペラを楽しんでみませんか?

スロバキア国立オペラ 離島初特別与論公演2011

プログラム 第一部 オペラ「ラ ボエーム」
      第二部 オペレッタとミュージュカルからの歌
          1 ス・ションの歌
          2 サマータイム
          3 ヨセフの歌
          4 チャルダッシュ
          5 ハナとダニロの二重唱
          6 私を忘れないで
          7 エリザの歌
          8 ニューヨーク、ニューヨーク
          その他

          期日  : 20011年 7月 13日(水)
          場所  ; 与論町 砂美地来館
          開演  ; 19時(開場 :18時30分)
          入場料 : 1000円
          主催  : 与論町 ・ 与論教育委員会                   

後援 スロバキア政府文化省・スロバキア大使館・ スロバキアオペラ計画・与論翔励会・与論ライオンズクラブ・与論観光協会・与論文化協会・与論校長会・与論PTA連絡協議会
               
この公演は鹿児島県文化振興財団の平成23年度「わがまち文化劇団』の助成金で実施されます。この島ではなかなか本物の音楽や芸術に触れる機会が少ないので今からとってもワクワクしています。みなさんもぜひ足を運んで下さいね。

お問い合わせ 与論教育委員会 TEL : 0997-97-2441





  
          

| 島暮らし | 17:42 | - | - |
あれっまた?
ナナフシ


先日玄関に枯れ草の枝のような物が。よおく見るとナナフシが隠れているふりをしていました。原発のことなどですっかり重い気持ちになっていたので、ちょっとその姿に救われた気分になりました。今年は庭のブーゲンビリアが見事な花を咲かせています。



| 島暮らし | 19:12 | - | - |
何が出来る?
想定外の地震と津波にあわれた被災者、いまだ行方不明の方々の一刻の安否を願います。そして亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。その想定外の地震によってずっと懸念していた原発事故が起こっています。広瀬隆さんの「危険な話」を読んで以来、地震国の日本には原発はいらないと活動していた時期もありました。でも悲しいかなそれが届くこともなく、相変わらず原発を増やす政治と経済界でした。そして震度「7」の地震が起こらない限り、原発は大丈夫だと進んでしまいました。これがこの結果です。経済産業省『原子力安全 保安院」の「安全、問題ない」は本当でしょうか?原発を進めてきた当時からの政府、原子力産業擁護者たちは同じ言葉を原発の事故が起こるたびに、常に申し合わせをして書類を連携してお互いに通達してしているように思えます。今現在福島原子力発電所で作業されている方々は死やその後の後遺症を覚悟して必死で事故をくい止めようとされていることでしょう。その人が我が子や夫やその他の大切な人だったら...。作業する人数をもっと大量に増やして、少しでも長く放射能を浴びないようにと、菅総理そして関係者みなさんにぜひお願いします。当たり前のようになっていた電気の供給。気をつけていたつもりでも自分も甘かったんですよね.コンセントをもっと抜くこと改めてチェックしてみて反省です。そんな中、与論では「東北 太平洋沖地震 災害復興への祈りを込めて チャリティーコンサート」が高校の体育館で行われました。与論の高校を中心に小学、中学の吹奏楽部の演奏。そして町民の音楽グループザ・アンシャンブーブーズも加わりました。急遽開かれたので、充分に伝わっていた訳ではないと思いますが結構人が集まっていました。みなさん募金をされて入場されています。募金は日本赤十社に送られる予定とのことでした。主催されたみなさん、参加された方々が被災された地域に黙祷をして始まったコンサートでした。

チャリティーコンサート1

チャリティーコンサート2


チャリティコンサート3


チャリティコンサート4


チャリティコンサート5


現地は輸送手段、ガソリン、などライフラインが整っていないので物を個人で送るより義援金が今の所一番なのでしょう。私ももちろんですが、さらなる節電につとめて「原発にたよらない日本」にしていく、本気の転換期がきたことを、今回多くの犠牲によってはっきりと目が覚めるスタートになりました。そして原発さんありがとう、お世話になりましたと感謝の波動を今送りました。それから、広島の原爆で被爆された人のうち玄米、みそ汁、大豆、海藻を食べ続けていたら後遺症が軽かったとも聞いています。なんだか人間ばっかりのこと心配ですが、海と大地と空はもっと深く悲しみ、ダメージを受け、その中で生きいていた生物はどうなるんでしょう?昨日の空は、重い雲が広がり強い風が吹き続け、海の波も泣いていました。私たちは繋がっています。あらゆることと。コンサートを聞きながら、私に何が出来るのかこの問いが胸に広がっていました。
| 島暮らし | 11:08 | - | - |
ヨロンマラソン
ヨロンマラソン

あっ、いっぱい知っている人が走っている。

3月6日(日)は第20回の「ヨロンマラソン』が行われました。1470人のエントリーがあって島外からのランナーの方も大勢参加する島一番のイベント。20回の記念もあって島の参加者もたくさん。参加することそれ自体がとっても有意義で楽しいことなんでしょう。私は外反母趾と魚の目が痛いんで長く歩くことも、走ることも無理。もっぱら応援することに決めています。なにしろ普段走っていない人は島一周のハーフで4時間はかかるそう。島二週のフルマラソンの人はトップくらいの人は2時間半くらいだそう。坂道のきつい、しかもたくさんそれがあってのマラソンです。みんなよくがんばるなあ。

マラソン
ランナーの人ってやっぱりスマートだ。そのファッションを見るのも楽しみ。中には牛さんなんかもいたり。

マラソン
沿道の島の人々のあったかい声援が響く中、走る走る。答えるランナーの人も明るい。

ゴール

トップの人を写真に収めたかったんだけどすでにゴールを果たしてた。その15分くらい遅れて2位の人。

ゴール2

3位の人。ずーっと歩いていた方で8時間かかったそうです。ともあれいい天気で良かったです。

| 島暮らし | 14:14 | - | - |
与論中で講演会

与論中の体育館にて

ヨガの生徒さんのお一人に与論中の先生がいらしてお話して
いるうちに講演会を頼まれました。テーマは食事を中心にし
て今一番難しい時期のお子さんとの接し方も含めてお話をさ
せていただきました。この3月には与論小で全校生徒さんに
クロッキーの授業をし、つい最近同じ学校で絵手紙の授業も
しましたっけ。その三段です。子育てにまずイメージありき
というお話から、じゃ食事はどうするかに始まり、受容とい
う接し方、悪いことをした時の叱り方、背中をまっすぐにす
ることの大切さ、最後にビッパサナー瞑想についてともりだ
くさん。実際に体験してもらったりしてあっというまに時間
。肝心の食事については詳しくはなせなかったんですが私の
本は図書館にあるしで準備ができた人が実践すればおのずと
わかってくださるでしょう。マクロビオティックの食事法は
自分が深刻な病気になったり、食とはなにかと真剣に求めな
ければピンとこないので少しの時間では話せないのが本当で
す。体でそれを実践しなければその効果はわからない。かく
言う私はいまはアバウト。ゆるーくなって、なんくるないさ
ーの二年目に夏です。
| 島暮らし | 17:04 | - | - |
かりゆしバンド

茶花海岸のステージのかりゆしバンド

今夜は茶花の海辺で島唄が聞けると言う情報をゲット。
東京の友達にぜひ聞かせたくて夜の浜辺に。
オリジナル曲や「花」「えらぶゆりの花」など
久しぶりに生で島唄をリラックスした雰囲気で楽しみました。
最後はおなじみのカチューシャでみんなで踊りました。
このミニコンサートは横浜からきた修学旅行生のために
特別に行われたもの。実はめったにないことなんですよ。
こんなふうに夜空の下で島唄や琉球舞踊を島外の人に
いつも楽しんでほしいなあと思う私です。
| 島暮らし | 18:17 | - | - |
梅雨が明けました。

寺崎海岸
>
今日の船倉の海

ブログの更新をずいぶん休んでました。
新しいデジカメを買って学び直しています。
今日は東京から二人の友達が来たので船倉、寺崎、百合が浜の海を
案内しました。梅雨が明けた海の美しさはまた格別です。


長いもも入っていいたもずく豆腐

夜はヨロン島ビレッジで夕ご飯。鶏飯に次ぐここの名物のもずく豆腐、
グルクンの唐揚げなどを堪能しました。最後に出てきたいかすみの
スープもおいしかったなあ。島にはマックを使いこなしている人は
ほとんどいないので今回の友達がやっときてくれることになって
なんとかこれで更新出来るようになる予定です。素人の私でも
いい写真が撮れるんですね。今のカメラの技術ってすごい。
| 島暮らし | 16:55 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND