私の島暮らし

<< 個展のお知らせ | main | 個展会場にて >>
いつのまにか9月。


8月30日の国会議事堂の前は無数の人々が結集して安保法案反対のデモが巨大化してましたね。わたしも7月に行きました。地下鉄の出口が一つしか無くて規制がかかって地上に出るのが大変でした。道路も同様。おかげで集合するはずの場所にたどり着けなかった。しかたがないので見知らぬ人々と一緒にシュプレキコール。国民の静かで当たり前の声がもうアメリカと約束しちゃっている政府には「馬の耳に念仏か?」。それでも反対するしかない。憲法を守らない総理大臣って犯罪しようとしてる?原発推進も犯罪なんでは。地球は人間だけのものではない。あらゆる生命も自然もないがしろにする政治は犯罪では。戦争がそれを拡大するだけ。世界のほんのわずかな人々の妄想と利益ために沖縄の人々へ強いた苦難の歴史、そして原爆。日本が他国へ強いた苦難。もう繰り返さないで。そう小さな声、集めて止めるしかないですよね。インターネットがこれだけ発達した世紀を迎えているのに、世界へ向けて平和と共生に舵を取るのが新しい政府や政治じゃないの?

そうこうしているから地球が泣いています。泣いて大きな風を吹かせ、噴火で体を調整させ、人間界に警告を促しています。海を泣かせ、空を泣かせ、大地を嘆かせています。

島は町長選が今日からスタート。先日候補者の公開討論会に行ってきました。島に住んで8年目の夏です。

島に始めて来たのは小学校3年生のとき。皆田海岸で見た虹色に反射した海の色が忘れられません。その浜は小さな浜でしたが人間の手が加えられていないそれはそれは美しい浜でした。百合が浜も絶景ではありますが自然の神様が宿るとても神秘的な海の絶景だったんです。それが何十年ぶりに行ってみるとなんと護岸工事がされて浜がだいなしになっていたんです。悲しかったなあ。

そしてもっと樹々の匂いがする島でもあったのに。町は公共事業と称してどれほど自然を破壊し続けてきたんだろう。そんな場所がいたるところにあり、そこを通るにつけ胸が張り裂けそうになる。


新しい町長にはこれ以上島の自然を破壊しない人。これにつきる。その人が誰なのか見極めたいところです。


| 島暮らし | 17:11 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND