私の島暮らし

<< 芸術新潮 五月号 | main | 小さな太陽光発電 >>
ユンヌ楽園



与論は梅雨に時期なのに晴れの日が続く。庭の草刈りが延々に終りそうにない。中休みとして久しぶりにユンヌ楽園で島ならではの植物に会いたくなった。こちらも梅雨の中休みのような気配。広大な場所は管理が大変なんだなあ。個人では限界があるだろう。町の大切な観光資源として町が予算を出して人手を投入しなければなあ。もったいない。これはウナズキヘリコリア。実に美しい。




ここでハイビスカスのいろんな種類に出会い、家の庭にいろんなハイビスカスを育て始めている。これもいい色。




昔はこんな家がいっぱいだったんだろうなあ。なんかほっとする。





テイキンザクラは別名インド桜とも名付けられている。赤い花が主流だがピンクもあったんだ。ちゃんと管理して育てていても台風がくるとあっというまにちりちりになったり、倒れたりするので夢のような楽園の庭を形にするのは困難の連続。初心者の私もめまいがするくらい根気がいる。でもしっかりすぐ復活する南の植物にはげまされ、自然という命のかすかに発信している促しに畏敬の思いで向かっている。答えはまだ出ていない。いろんなこと。今は植物のように静かに生きてみたい。
| 島暮らし | 23:08 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND