私の島暮らし

春になると
ベリーのよう



以外と寒い冬の与論。それがやっと明けたら道のあちこちでひっそり赤い実をつけるラズベリーのようなこの雑草。見つけると速攻ゲット。その味はまるでラズベリーのよう。ほのかな酸味とさわやかな香りが広がっておいしい。我が家の庭にも毎年赤い実をそっと実らせる。植物たちのささやきはとても静かです。外的から身を守るために細かなトゲをまとい強い意志を示しています。いつのまにか人間より植物たちとの命の交わりが深くなり心の波動は静まり、急いでの世界がだんだん遠いています。
| 植物生活 | 13:56 | - | - |
春の庭その5



玄関の前に植えたニオイバンマツリは姉からのプレゼント。ほのかな香りがしておとずれる方が楽しめるようにしています。丈夫な花で年に二回花を咲かせる樹木です。
| 植物生活 | 22:59 | - | - |
春の庭その4



ランタナは丈夫な花ですね。黄色のはいまひとつ日があたらない場所に植えています。リビングの窓から明るい色の花が見たくって様子見てるんですが、剪定過ぎたのかなあ、花の咲き方が遅い。夏になればもっと咲いてくれるのを楽しみにしています。
| 植物生活 | 22:49 | - | - |
春の庭その3




フリージアの球根をヨガの生徒さんからたくさんいただいて今庭にはいろんな色の花が咲いています。ピンクもいい色ですね。
| 植物生活 | 22:37 | - | - |
春の庭その2


このピンクのブーゲンビリアは三年目でなんとかいい花を咲かせた。花を咲かせるのがこれも以外とコツがあるらしい。いろんな人のを見ながら試行錯誤しています。
| 植物生活 | 22:14 | - | - |
春の庭その1



父が植えたのかずっと咲かなかったアマリリスの花が咲いた。島に移り住んで4年目の春。庭が荒れ放題でゴミ捨て場のようになっていたけど、少しずつ手入れをしてきた。島での植物に今も格闘している。植栽するとき珊瑚や石がいっぱい。そして雑草の勢いがすごい。まいったなーって泣きたくなる。それでもなんだか静かな豊かないい時間なんだなあ。
| 植物生活 | 22:10 | - | - |
なんか会いたくなる。


本格的な夏真っ最中の島。
電動自転車を走らせ、バス路線より海側の道を通る。こんなこ
ろにひまわり畑が。太陽に向かってこれからぐーんと夏のエネ
ルギーを燃やすんだな。雲がダイナミックなドラマを日々展開中。



ぱる舎商店

それをすぎたらお目当てのぱる舎商店に着く。ここは園芸屋
さんでもありリサイクルショップでもあり、夏はかき氷屋さ
んにもなる。朝早くから島の人がやってきて花を買ったり、
お店の中で商品を見ながら、気軽にこのお店をやっている
正代ちゃんとおしゃべりしている。観光客の人も正代ちゃん
とこのお店が気に入って滞在中は毎日通う人もけっこういる。
正代ちゃんは私にとって園芸相談でお世話になっているし、
いろんなことを話せるかけがえのない人でもある。
明るい突き抜けたような暖かな人柄が私だけではなく、この
店を訪れる人にうれしい時間を与えてくれるのだろう。
しかも花が安い!ガーデニング友達もここで増えた。
植物の情報交換したり、お庭を見せていただいたりと
正代ちゃんを通じていい出会いがあってうれしい。で、
なんか行きたくなるところ。ほんの15分くらいだけどいい
気分転換になる。

場所は那間地区。朝の9時から夕方6時まで。(外出中もあり)
島を訪れたときかき氷食べがてら行ってみて下さいね。


| 植物生活 | 14:12 | - | - |
これって何?


梅雨が明けた夏は虫たちがいっせいに生命力が増し植物の
まわりをたくましく生きはじめ、害虫対策に追われる。
虫恐いでは島では暮らせない。島の青虫の半端ではない大
きさ。土から湧いてくるアリの行列。これが自然に暮らっ
てこと。目まいがしそうになるくらい。なんくるないさー
の精神で乗り切るしかない。そんなときペンタスの花の上
に枝のような生き物が。昆虫図鑑で調べたら「ナナフシ」
だって。見つからないように自分の中の自然の力の魔法を
思いっきり使っている。しーんと静かな気持ちになって
そのきれいな形にみとれた。
| 植物生活 | 15:34 | - | - |
プルメリアの花

庭のプルメリア

父が亡くなって母のことやあまりもの忙しさに泣くことが
出来なかった日々。道ですれ違ったバイクを乗っていたお
じさんの姿が父に似ていた。若い頃の父のことを思い出し
あの頃の父に急に会いたくなって胸が熱くなった。自転車
を走らせながら涙が出てきた。泣けなかった。泣くにはこ
んなに時間がかかった。せいいっぱい働いて私たちを育て
てくれたことを思うとその背中の広さと男らしさとが今の
私を支えてくれている。私、父に似て働きもんです。
なんだかやたら手足動かす人間になっちゃいました。
泣きながらそんな父に感謝の気持ちが空に広がり家路
に着きました。父が植えたプルメリアの香りのやさしさ。
今日はさらに沁みます。


| 植物生活 | 16:55 | - | - |
永田農法その後

家の後ろの畑にオクラ

庭の植物の手入れなどに追われなかなか畑がすすみません。
去年のやり方から今年は夏野菜をしっかり永田農法で
やるとしているんですが、スイカ。ヘチマ、カボチャは
すぐ虫にやられとけちゃいました。長い間虫や雑草の天国
だったので強烈な強靭さです。それでも細々とおっかなび
っくりの農作業の繰り返し。畝立て、マルチ張り、防虫ネ
ットかけに音を上げています。それでもなんとかオクラ、
なす、トマト、ピーマン、ゴーヤは育っています。
永田農法のトマトはもちろんオクラもやはり苦労のかいが
あるとびきりの味です。長い目をみておっちらおっちら
実験中。虫除けのマリーゴールド、唐辛子,焼酎、酢を
混ぜた液がほとんど効果なし。見つけたら手でつぶすの
が虫退治には一番です。無農薬の野菜が高い理由は育て
てみてさらにわかる。で、いつ私は絵を描くんだ。
〆切りが迫っている。頭はまた仕事モードのはじまり
はじまり。

| 植物生活 | 16:10 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND